脱ガス炉(還元炉)

特徴

低抗加熱ヒータ及び炉内構成品を縦型に配置し、
石英チューブ内にて還元処理(脱ガス)を行う装置です。
 
  • 水素ガス検知器を設けて、水素ガス漏洩の際は、水素ガスの供給を遮断し、
    Arガス炉内のパージを行います。
  • 過昇温防止機能で、ヒータの異常加熱の防止、無停電電源(制御系)で瞬時停電の対応をします。
  • ペーパーレス記録針(8打点)を設け、真空も可能。
  • 均熱: at800℃±10℃
  • ワークをヒータ下部から挿入することにより、石英チューブ内への異物混入などが少なくなり、
    クリーンな雰囲気で処理が可能。
最高温度 1000℃
使用温度範囲 500 ~ 1000℃
1ゾーン カンタル線