焙焼炉

特徴

ステンレス製チャンバー(内面テフロンコート)の内部に抵抗加熱ヒータ及び断熱材を設置し、試料を大気中にて加熱し、焙焼を行う装置です。
 
  • 過昇温度防止機能を設け、ヒータの異常加熱防止。
  • 無停電電源(制御系のみ)を設け、瞬時停電対策。
  • ペーパーレス記録針(8打点)を設け、炉内の温度データ取り込み可能。
  • プログラムタイプの温度調節器を採用し、19個のプログラム(1プログラム/19ステップ)を保持、設定が可能。
  • 石英管にヒータを入れることにより、パーティクルコンタミを発生させません。
最高温度 1000℃
使用温度範囲 500 ~ 1000℃
1ch2ゾーン通信伝送 カンタルAF線