縦型抵抗加熱炉 T11-18VR

Product_03_07
 

装置構成・概要

本装置の目的・概要

本装置は、アルミナチューブ及び、ヒータを縦型に配置し、アルミナチューブ内を
不活性ガス又は酸化大気雰囲気で、高温に加熱し試料を合成するための抵抗加熱装置です。

  • 縦型抵抗加熱方式を採用する事で、チューブ内への大気巻込みを極力低減し、装置占有面積も小さくする事が可能となりました。
  • 二珪化モリブデンヒータを採用しており、常用1800℃(最大1830℃)まで昇温可能です。
  • 坩堝昇降軸の動作を精動作から粗動作までシームレスな動作が可能です。
  • 坩堝昇降機構を装備しているため、より安全かつ容易に坩堝の脱着が行えます。
  • 坩堝及び炉内温測用熱電対を任意の回転数で回転する事が可能です。
  • 熱電対温度などをデータロギング及び、CSVデータとして保存する事が可能です。
  • ヒータへの印加電圧、電流がモニターできますので、負荷状況が判断できます。
  • 炉口シャッター機構を採用しており、炉内温度の保温性に優れています。
  • カラータッチパネルディスプレイを採用しており、視認性・操作性が優れています。
  • レシピ運用及び管理することでパワーコントロール(0~100%)自動制御にて運転をする事が可能です
  • 追加・オプション機能にてバルブやMFCの制御も対応する事が可能です。

画面構成

画面切替え
画面を切替える時は、画面左下のスライドタブをタッチする事で、各画面に切替える事が出来ます。
Product_03_01
Product_03_01